Profile

Goswell Road(2016年設立)は、フランス人とイギリス人のアーティストデュオ、ルイス・スティーブンソン(Ruiz Stephinson)がパリ10区に構えるアトリエ内でアーティスト自身が運営する空間/出版社です。この名前は、2人がパリに来る前に住んでいたロンドンの通りの名前にちなんでいます。また”Goswell”は”God’s Well”(神の泉)という言葉から来ており、ペイガニズムの泉信仰に言及しているといわれています。展覧会を行う度に本を1冊出版し、展示している作品に合わせて花束をキュレーションしています。

GOSWELL ROAD, 22 Rue de l'Échiquier, 75010 Paris

Website: www.goswellroad.com

 

Comments

2020Solidarityはパンデミック拡大直後に始まりました。このプロジェクトについて最初に知った時どう思いましたか?


このプロジェクトについて知った時、私たちはその利他的な側面に感動しました。ティルマンス氏の作品は長い間見てきましたが、彼の芸術活動の内外に見られる政治に関わるビジョンには常に感銘を受けてきました。

 

あなたの団体はパンデミックによりどんな影響を受けましたか。


私たちはアーティストが運営する非営利スペースであり、ギャラリーでは商業的なアプローチを採用していません。私たちにとって出版は唯一続けている商業活動です。展覧会でも本を販売していますが、私たちの本が一番売れるのはブックフェアやアートフェアです。いつも参加しているフェアが中止されたり消えてしまったりしたため、私たちはほとんど収入がなく、大量の在庫を抱え、支払いは増えていくばかりという状況に陥ってしまいました。

 

2020Solidarityへの参加で得たことを教えてください(具体的でなくても構いません。プロジェクトに参加したことへの印象を聞かせてください)


いつまでも記憶に残る方法で私たちのスペースを支援してくれた2020Solidarityは、私たちの救世主でした。アーティストのチョイスも素晴らしいし、参加団体を献身的にサポートし続けたこのプロジェクトのためにティルマンス氏自らが支援を募ったことは、本当に尊敬に値します。

 

ヴォルフガング・ティルマンス氏とBetween Bridgesにメッセージをどうぞ。


この非常に困難な時に計り知れない支援を与えてくれたことに深く感謝します。プロモーションからプロジェクトの実施までの全行程において、非常に親切で寛大な対応をしていただき、どうもありがとうございました。この取り組みに参加した団体と深く関わり、充足感を与えてくれたことにも感動いたしました。

 

 

Profile

Goswell Road (est. 2016) is an artist-run-space and publishing house set up in the atelier of Franco-British artist duo Ruiz Stephinson in Paris' 10th arrondissement. The name originates from the road the artists lived on in London, before relocating to Paris, and is said to derive from the phrase “God’s Well,” which references the pagan practice of well-worship. With each show at the space a book is published and a bouquet of flowers is curated in parallel with the works shown.

GOSWELL ROAD, 22 Rue de l'Échiquier, 75010 Paris

Website: www.goswellroad.com

 

Comments

The project 2020Solidarity was launched soon after the spread of the pandemic. What was your first impression when you learned about the project?


When we learned about the project we were touched by the altruistic aspect. We have followed Tillmans' work for many years and have always been impressed by his politically engaged vision in and outside of his practice.

 

How did the pandemic impact your organization?


As an artist-run non-profit space we do not have a commercial approach with the gallery, our publishing activities are our only constant commercial output. We sell books at the shows, but our real book selling windows are book fairs and art fairs. With the cancellation and annulation of the usual fairs we participate in, we were left with very little income, lots of stock and a growing pile of bills.

 

What did your organization gain by participating in 2020Solidarity?

(doesn’t have to be specific results; you may talk about your impressions of having participated in the project)


The 2020Solidarity project was a lifesaving initiative that aided our space in an unforgettable way. The support that Tillmans himself rallied for the project - with an excellent selection of artist participants and constant selfless promotion of the spaces taking part - was truly honorable.

 

A message to Between Bridges and Wolfgang Tillmans.


We are extremely grateful to you for this invaluable help during a very difficult time, thank you for being so kind, gracious and generous during the whole process from promotion to execution. We are so impressed by the engagement and fulfillment you offered to the spaces you supported.