Profile

文化に関する知識とその可能性、芸術の歴史、政治と詩の相互作用に着目した、リトアニアの首都ビルニュスのプロジェクトスペース。物事の意味に対する純粋な興味から生まれたこの空間は、様々な日常の活動の延長線上にあるともいえる。Montos Tattooの名は、ビルニュスに20年前に住んでいた友達の友達、未完成の入れ墨が腕に入っていたモンタの物語からきている。ある時雑誌に掲載されて以来、モンタの入れ墨は物語の下書き、言い換えれば様々な物語を生み出す“開かれた器”になった。

Website: https://www.montostattoo.lt/2020solidarity

 

Comments

2020Solidarityはパンデミック拡大直後に始まりました。このプロジェクトについて最初に知った時どう思いましたか?


世界中の様々な文化団体やアーティストとつながりを形成できる良いチャンスだと思いました。Between Bridgesは慈善キャンペーンでなく、人びとが孤立させられているこの異様な時期に助け合いの精神を行動で示したのだと思います。

 

あなたの団体はパンデミックによりどんな影響を受けましたか。


物理的な空間で展覧会を行うことができなくなり、訪れる人と直接顔を合わせて交流することもなくなり、近い将来何がどうなるのかよくわからないという、大変つらい状況でした。展覧会の予定に空白ができたために年間計画の達成がより一層困難になり、資金も不足しました。さらに、Montosのメンバーの一部は国外に拠点を置いているので、チームの活動にも影響が出ました。とはいえ、今のところ全員がなんとか無事であり、スペースの運営を続けられたのは良かったと思います。

 

2020Solidarityへの参加で得たことを教えてください(具体的でなくても構いません。プロジェクトに参加したことへの印象を聞かせてください)


ロックダウンによって物理的な隔離状態にある間、このプロジェクトに参加したことで気持ちがいくらか明るくなり、やる気もアップしました。当時の私たちにはこのような体験が必要だったし、今でもそれは変わりません。特に、文化の分野で知的・詩的・繊細・先鋭的なコンテンツの制作に力を入れている人や団体にとってはそうだと思います。

 

ヴォルフガング・ティルマンス氏とBetween Bridgesにメッセージをどうぞ。


どうもありがとうございました。いつか実際にお会いできるのを楽しみにしております。

 

 

Profile

Montos Tattoo is a project space in Vilnius. Concerned with diverse cultural knowledges and possibilities, art histories and the reciprocity in politics and poetry – Montos Tattoo can be seen as an extension of different daily activities; it comes from a bare interest of how something means. The title Montos Tattoo originates from the story of Monta - a friend of a friend, who lived in Vilnius twenty years ago and had an unfinished tattoo on his arm. Once published in a magazine, Monta's tattoo became an outline and an open vessel for different stories to come.

Website: https://www.montostattoo.lt/2020solidarity

 

Comments

The project 2020Solidarity was launched soon after the spread of the pandemic.

What was your first impression when you learned about the project?


We saw this as a possibility to connect with different cultural organizations and artists across the world. We didn’t see Between Bridges campaign as charity – more as a friendly gesture in strange and isolating times.

 

How did the pandemic impact your organization?


Not being able to do shows in our physical location, have a direct face to face interaction with our visitors and not really knowing what to expect in the near future was draining. It marked a gap in our exhibition program, caused extra pressure within our annual plans and problems with funding. Also, as some of Montos members are based in different countries, the pandemic effected the dynamics of our team. However, we are happy we everyone has been more or less ok and we continue running the space.

 

What did your organization gain by participating in 2020Solidarity?

(doesn’t have to be specific results; you may talk about your impressions of having participated in the project)


During the time of lockdowns and physical isolation this brought some joy and boost of energy which was needed at that time and still is. Especially for cultural organizations and agents that focus on creating content that is intelligent, poetic, subtle, radical.

 

A message to Between Bridges and Wolfgang Tillmans.


Thank you, it would be a pleasure to catch up in the future.