Profile

私はフィン・ヨハンセン(Finn Johannsen)といいます。DJと物書きをしています。ベルリンのクラブ、Palomaのブッキング担当です。

Website: https://palomabar.de/

 

Comments

パンデミックによってクリエイティブな分野は特に大きな打撃を受けました。アーティストの優先順位がかなり低いことはたちまち明らかになり、何もかもが混沌として不確実な状況が訪れました。私たちPalomaは、クラウドファンディングキャンペーンを通じて差し迫る経済的なニーズを満たそうとしましたが、ただ助けを求めるだけでなく、例えば作品、洋服、レコード、コレクターズアイテムなど、支援してくれた人に何かをお返したいと思っていました。
2020Solidarityについて知った時、この名前が示唆している深い意味に感銘を受けました。このプロジェクトは、互いに助け合い、生き残るために作品を展示し、音楽を聞いてもらう場所を支援するためにアーティストを団結させます。参加者には名のあるアーティストも多く、その作品を世に出すことは正しいと感じました。また私たちは大量の作品を売ることができたので、経済的にも助かりました。
私たちはPalomaをクリエイティブな人々が出会い、アイデアを交換・創出するための場として考えてきました。このプロジェクトは、パンデミックに深刻な影響を受けた多くの人々のコミュニティ精神を育み、出口の見えないこの時期に希望を与えてくれました。

この場を借りてヴォルフガングと、このプロジェクトの実行に関わった全ての人々にお礼を申し上げます。あなたたちは世の中を変えました。いつかまた一緒にできることがあれば、是非参加したいです。

 

 

Profile

my name is Finn Johannsen, I am a DJ and writer, and I do the booking for the club Paloma in Berlin.

Website: https://palomabar.de/

 

Comments

The pandemic hit the creative field of work particularly hard. It soon became apparent that artists were pretty low on the priority list and the whole situation was really chaotic and uncertain. At Paloma we tried to meet imminent financial needs with a crowdfunding campaign, but we did not want to just ask for help, we tried to give something back. Artworks, clothes, records, collectors items for example. As we learnt about 2020Solidarity we were impressed with what the name already implies. A project that unites artists to help each other, and to help the spaces where art is shown and music can be heard to survive. We were aware of a lot of the participating artists, and it felt very right to expose the art, and as we sold a considerable amount of artworks we could earn some financial support through that as well. We always thought of Paloma as a space where creative minds meet and exchange and initiate ideas, and the project really helped to establish a community spirit for many people that were severely affected by the pandemic, and it also gave some hope where there was not much around.

So let me use this opportunity to thank you, Wolfgang. And of course all the others who helped to make this happen. You made a difference, and we would love to be a part of your work again.