Profile

港町ロッテルダムに拠点を置くShimmerは、展覧会、言い換えれば「時間と空間の中で行う創造」を実験するキュレーションスタジオです。展覧会の他にも、イベントプログラム「Sunday Mornings With…」や形式ばらないオンライン音読プログラム「Across The Way With…」、オンラインミックステープ「On the Waves with...」等を配信しています。私たちはキュレーションスタジオとして、文化的、地理的、身体的、年齢差別的な境界線が見直され、芸術とコミュニティの融合が実現する場を維持発展していくことを目指しています。この目標は私たちの団体の核であり、その達成に向けて私たちは真剣に取り組んでおり、一時的なプログラムのテーマとは考えていません。

Website: http://shimmershimmer.org/

 

Comments

このプロジェクトについて知った時、私たちを取り囲んでいる壁を越えたコミュニティのために、自分たちにも何かできることがあるのではないかという希望を感じました。あの頃は、孤立し、不安にかられ、リスクにさらされていた自分たちのコミュニティだけでなく、私たちの活動についても心配していました。続けていけるのか、どうすれば続けていけるのかと。

活動を続けられるように沢山の支援の手が差し伸べられたことに私たちは勇気づけられました。このプロジェクトのために作品を寄贈してくれたアーティストの皆さんにも刺激を受けました。私たちの団体を新しい人々とつないでくれたBetween Bridgesとヴォルフガング・ティルマンス氏に感謝と敬意を表します。実際にこのキャンペーンから、もし参加していなければ実現しなかったコラボレーションや新たな友情が生まれました。2020年も、そしてこれからも、連帯していきましょう!

 

 

Profile

Based in the Port of Rotterdam, Shimmer is a curatorial studio that experiments with exhibition- making in time and in space. Alongside our exhibitions is the events program Sunday Mornings With…, the informal online reading aloud program Across The Way With… and the online mixtape On the Waves with... As a curatorial studio, our purpose is to develop and maintain a space where cultural, geographic, bodily, and ageist borders are reconsidered, and fusions of art and community come together. We see this as the organisation's core. We do not take this purpose lightly or as a thematic for a temporary program.

Website: http://shimmershimmer.org/

 

Comments

When learning about the project, we were hopeful as it felt like we could do something to be part of a community beyond our four walls. At the time, we were concerned not only for our community, isolated, scared, and at-risk, but also for our work. Could we carry on, and how could we carry on?

We were uplifted by our donors who helped us stay afloat, and we were inspired by the generosity of the artists who donated their work to the project. We appreciate and respect Between Bridges and Wolfgang Tilmans for connecting our organisation to a new group of people. In fact, the campaign has to lead to collaborations and new friendships that would not have transpired otherwise. Solidarity in 2020 and beyond!