Profile

The EIGHT / Το ΟΧΤΩチーム

アテネの中心部に誕生した、自立したコレクティブスペース、The EIGHT / Το ΟΧΤΩは、刻一刻と変化する危機的な状況に対する批判的介入の可能性を探るための場です。2019年に始動したThe EIGHTは、芸術的、政治的、理論的な生産、都市調査、社会的な行動の様々な形を一つにまとめています。
The EIGHTは、ここ数年間行ってきた革新的な実験をベースに、持続可能性を求める新自由主義的な要求に挑戦する連続性と設立の様々な形態を探求しています。これまでにグループ展や個展、劇場パフォーマンス、フェスティバル、討論、トークイベント、ワークショップ、上映会などを開催し、世界中のアーティストにアーティストインレジデンスの機会を提供してきました。
集団で取り組む型破りな研究、批判的介入、文化的行動を通じて、私たちの都市の”今、ここ”に関わる制度批判的な反応の瞬間を繰り返し生み出すことを目指します。また私たちは、こうした瞬間にこそ今この時の世界的な問題が反映されているのではないかと考えています。

Website: https://8athens.wordpress.com/

 

Comments

私たちは2020Solidarityがパンデミックの最初の数カ月という大変な時期に開催されたと聞きました。当時は日々の活動のほとんどができなくなり、インディペンデントなアートスペースが活動を続けていくためには欠かせない国からの補償や支援は何もありませんでした。芸術団体、アーティスト、文化関係者、一般の人々が自発的に支援を行うというシンプルな方法で私たちのような団体の命をつなぎ、お役所的な仕組みや手順を越えたサポートを提供するという点で、これは非常に重要な取り組みだと思いました。
パンデミックは、EIGHTはもちろんギリシャと世界中の文化的空間の活動に直接的な影響を与えました。当初EIGHTでは全ての活動を思い切って中止し、予定していたプロジェクトを延期しました。パンデミックが始まってから8カ月近く経って、私たちが活動を続けている証しとして、また芸術文化の分野で存続していくことの必要性を示すために、いくつかのオンラインイベントを開催しました。
2020Solidarityに参加したことによって得られた最も重要な利益は、経済的な利益については言うまでもありませんが、共同体に所属している感覚、そして友人だけでなく、それまで知らなかった世界中の人たちからも支援が届いたことです。
2020Solidarity に参加したことによって、存続さえも危ぶまれる不確実な時期に私たちが本当に必要としていた“続けていくための強さ”を頂きました。Between Bridgesとヴォルフガング・ティルマンス氏にお礼申し上げます。

 

 

Profile

The EIGHT / Το ΟΧΤΩ team

The EIGHT / Το ΟΧΤΩ is a self-organised collective space activated in the centre of Athens, that attempts to explore the possibilities of a critical intervention in an ever-changing precarious landscape. The EIGHT started in 2019 and brings together forms of artistic, political and theoretical production, urban research and social action.
Building on radical experiments of recent years, the EIGHT seeks to investigate forms of continuity and instituting that challenge neoliberal demands of sustainability. The EIGHT has hosted group and solo art exhibitions, theatre performances, festivals, discussions, talks, workshops, screenings and organized artists residency for international artists. Through forms of unconventional collective research, critical intervention and cultural action we aim to repeatedly produce instituent moments of response implicated in the here and now of our city that, we also hope, reflect global challenges at this moment in time.

Website: https://8athens.wordpress.com/

 

Comments

We were informed about the 2020Solidarity project which took place during the first difficult months of the pandemic, when most of the daily activities were in lockdown and without any state care and planning for the sustainability and continuity of independent artistic spaces. We considered it as a very important initiative of crucial support
and help that went beyond bureaucratic mechanisms and procedures in the very simple way of voluntary assistance between us, artists, cultural workers, and people.
The pandemic directly affected the activities of EIGHT as well as most cultural spaces in Greece and worldwide.
At the beginning, EIGHT violently suspended all its activities and postponed its future projects. Almost eight months after the beginning of the pandemic, we started to carry out some of our events online, as a form of continuity and need for existence in the cultural and artistic field.
The most important benefit of our participation in the 2020Solidarity project, in addition to the financial benefit, was the sense of community and care we received from friends but also from people we did not know at all until then from many different parts of the world.
We would like to thank and to express our joy at Between Bridges and Wolfgang Tilmans for having participated in 2020Solidarity and for the strength for continuity that we received in a moment of vulnerability and instability that we so desperately needed.