Profile

私はVisual AIDS(visualaids.org)事務局長です。1988年に設立したVisual AIDSは、ビジュアルアートプロジェクトの制作と展示を通じてHIVおよびAIDSの啓発に専念している唯一の現代美術団体です。HIVと共に生きるアーティストを支援し、アーティストが遺した作品を保存し、AIDS運動の芸術発展への貢献を讃えています。初期には「Day With(out) Art」や「Red Ribbon」などの取り組みを行っていました。最近のプログラムとしては、展覧会、出版物、公開プログラム、HIV+のアーティストへの助成金、芸術的遺産の保存、私たちのアーカイブとアーティストデータベースを通じた作品の共有などがあります。

Website: https://visualaids.org/

 

Comments

2020Solidarityについて最初に教えてくれたのは、私たちの役員を務めるPPOWギャラリーのウェンディ・オルソフでした。デイビット・ウォジナロビッチの作品の1つをポスターに使う許可を求めて、ヴォルフガング・ティルマンス氏からウェンディに連絡が来たのです。このプロジェクトの主旨を理解したウェンディは、Visual AIDSを支援を受ける団体に指定してくれました。その頃の私たちはコロナによる経済的打撃の深刻さを完全には理解していませんでした。アメリカでは連邦政府による支援プログラムが立ち上げられたばかりで、他にどのような支援を受けることができるのか分からない状況でした。私たちは春の資金集めのイベントを中止したばかりでしたが、それは多額の収入が失われたことを意味していました。

アメリカで最初に2020 Solidarityへの参加を認められた団体の1つであることはとても幸運なことであり、感謝しています。ポスターを選び、プロジェクトについて宣伝し始めると、すぐに大きな反響がありました。手の届く価格であったこと、幅広い作品が選ばれたことによって、ポスターは多くの人に受け入れられました。私たちは非常に多くのポスターを売ることができ、プロジェクトは私たちの予想を遥かに上回る成功を収めました。自分たちのオンラインストアでポスターが売れると即座に売上金が入り、損失を埋め合わせることができたので、このプロジェクトの財政的モデルは非常に効果的だと思います。また私たちは、ポスターを受け取り、ニューヨーク市内の非営利団体や小規模企業に分配するハブとしてこのプロジェクトに協力できたことを嬉しく思っています。

Visual AIDSを代表として、ヴォルフガング・ティルマンス氏とBetween Bridgesの素晴らしいチーム、そしてこのプロジェクトの実現に向けた皆さんの努力に感謝申し上げます。2020Solidarityが提供してくれた画期的な資金調達モデルによって、私たちはパンデミック初期の重大な時期に大幅な収入減を克復することができました。

Visual AIDS(ニューヨーク)事務局長、エスター・マッゴーワン

 

 

Profile

I am the Executive Director of Visual AIDS (visualaids.org). Founded in 1988, Visual AIDS is the only contemporary arts organization fully committed to HIV and AIDS awareness through producing and presenting visual art projects. We assist artists living with HIV, preserve the legacies of those we have lost, and celebrate the artistic contributions of the AIDS movement. Our early initiatives included Day With(out) Art and the Red Ribbon. Our contemporary programs include exhibitions, publications, public programs, grants to HIV+ artists, working with estates to preserve artistic legacies, and sharing the work of artists through our Archive and online Artist Registry.

Website: https://visualaids.org/

 

Comments

We first heard about 2020Solidarity from our board member, Wendy Olsoff of PPOW gallery. Wolfgang Tillmans had contacted Wendy to ask for permission to use one of David Wojnarowicz’s artworks on a poster, and when Wendy understood what the project was, she suggested Visual AIDS as a recipient organization. At that time, we weren’t sure what the financial impact of COVID-19 would be. Federal aid programs were only just beginning in the U.S. so we didn’t know yet what other support would be available to us. We had just cancelled our spring benefit event, which meant the loss of a significant amount of income.

We were incredibly lucky to be one of the first U.S. organizations to be included in 2020 Solidarity, and we are extremely grateful. When we selected our posters and began advertising the project, we had a huge response immediately. The affordable price of the posters, combined with the diverse selection of artwork, made it accessible for many people. We sold a very large number of posters, and the project was far more successful for us than we imagined it would be. The financial model of the project was very impactful because we received the income immediately through our online store as we sold the posters, so we were able to make up our lost income right away. We were also happy to be able to support the project as a New York City hub for receiving the posters and distributing them to other nonprofits and small businesses.

On behalf of Visual AIDS, I want to thank Wolfgang Tillmans and the incredible team at Between Bridges for all of their hard work to make this project happen. 2020Solidarity provided an innovative fundraising model that helped us overcome a substantial loss of income at a critical time in the early days of the pandemic.

- Esther McGowan, Executive Director, Visual AIDS (New York)