2019年に作り手たちの言葉によって日本におけるアートブックの進化を紐解いた「Japanese Artists’ Book Then and Now」のオランダ版。今回は現代のオランダ出版文化を牽引するキーパーソンたちのアートブックとの出会い、またその原体験がどのように現在の制作へと繋がっているかを尋ねたインタビュー動画とともに、彼らが影響を受けた本と手がけた多様な印刷物をオンライン上でご紹介します。インタビューでは、どのようにオランダのアート出版が豊かな発展を遂げたのか、アーティスト、デザイナー、書店の関係性、アイデアを本というプラットフォームに落とし込むユニークなアイデア、コロナ禍におけるクリエイティビティの役割などがパーソナルな経験とともに語られています。

 

参加作家、デザイナー
イルマ・ボーム、エクスペリメンタル・ジェットセット、エリック・ケッセルス、カレル・マルテンス、ハンス・グレメン、クララ・ヴァン・ダウクレン & ヴィンセント・スキッパー(Studio The Future)、ヤン・フォス(Boekie Woekie)、ルース・ファン・ビーク、ロジャー・ウィリアムス他

 

©︎ Shinji Otani