VIRTUAL ART BOOK FAIR への応援おねがいします!
クラウドファンディングプロジェクト「VABF KIOSK」スタート。

 

 TOKYO ART BOOK FAIR(TABF)は、アート出版文化のさらなる発展の一助となるプラットフォームを目指し、東京で年に一度のアートブックフェアを開催する他、国外においても日本のアートブックを広める様々な活動を行ってきました。コロナ禍でもTABFの活動を継続するために、今年は東京都現代美術館の建物をインスピレーション源としたバーチャル空間でのアートブックフェア「VIRTUAL ART BOOK FAIR(VABF)」を開催する運びとなりました。そしてこの度、新たな挑戦のために必要な資金を集めることを目的とした、クラウドファンディングプロジェクト「VABF KIOSK」を9月18日(金)にスタートいたします。

 

 ファンディングのリターンとして、今年のゲストカントリーであるオランダやTABFと縁のあるアーティストやデザイナーによる限定のZINEやトートバッグ、ポスターなどさまざまな限定アイテムをご用意しております。デザイナーとアーティストがタッグを組む実験的なZINEシリーズでは、祖父江慎(デザイナー)×川島小鳥(写真家)、田中義久(デザイナー)×横田大輔(写真家)、田部井美奈(デザイナー)× annco(イラストレーター)による3冊をリリースします。オランダのデザインコレクティブ、Experimental Jetsetは、いつかまた東京でアートブックフェアが開催されるようにとの願いを込めた「Today, Tomorrow, Tokyo」というスローガンを掲げ、トートバッグと傘をデザインしてくれました。その他、カレル・マルテンス、ルース・ファン・ビーク、ラファエル・ゾーテンダール、デイヴィッド・ホーヴィッツ、河合美咲、Noritakeなど多数の作り手たちにご協力いただき、「VABF KIOSK」でのみ購入可能なスペシャルなアイテムを制作しています。

 

 VABFの会期(11月16〜23日)終了まで「VABF KIOK」を継続し、12月にリターンアイテムを発送いたします。ぜひVABF KIOSKを楽しんでご利用いただきながら、ともにVABFを盛り上げていただければ幸いです。

 

VABF KIOSK