TOKYO ART BOOK FAIRについて

 Tokyo Art Book Fair(TABF)は、日本で初めてのアートに特化したブックフェアとして2009年にスタートしました。国内外から独創的なアートブックを作る出版社、ギャラリー、アーティストらが年に一度東京に集結し、作り手たちが直接本の魅力を伝える場を提供し続けています。2019年に東京都現代美術館で第10回の開催を迎えたTABFは、約300組の出展者が参加し、4日間で3万5000人以上が訪れ、過去最大規模のフェアとなりました。しかしその翌年は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からTABFの開催を見送り、代わりにバーチャル空間でのアートブックフェア、Virtual Art Book Fair(VABF)を行いました。直接のコミュニケーションやDIY精神などTABFが大切にしてきたものを軸としながら、バーチャルだからこそ可能な、革新的で遊び心あふれるプラットフォームを創出しました。

TOKYO ART BOOK FAIR 2021

 今年は、東京都現代美術館にて、10月28日(木)から31日(日)までTABFを開催いたします。昨年から続くパンデミックは、今でも私たちの生活、そしてインディペンデント出版シーンにも多大なる影響を与えています。第11回を迎える本フェアも、以前と同じやり方、規模での開催は難しい状況です。パンデミック以降も多くの本作りに関わる人たちは、現状を受け入れ、模索しながらアートブックやZINEの制作やさまざまなクリエイティブな活動を続けています。私たちも、2021年におけるアートブックフェアのあり方に向き合いたいと思います。

 

 今年のTABFは、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、リアル会場(東京都現代美術館/MOT Venue)の出展者数、来場者数は制限し規模を縮小しますが、リアル会場に足を運べない方にも楽しんでいただくために、2020年のVABFの経験を活かしてバーチャル会場(Internet Venue)を設けます。リアル会場とバーチャル会場の両方に出展者ブースが並び、2020年春にヴォルフガング・ティルマンスが主宰する非営利団体Between Bridgesが立ち上げた、アート、音楽関係のインディペンデントスペースやイベント、出版などを支援するためのプロジェクト「2020Solidarity」で制作したポスターのほか、パンデミック以降の国内外のアートブックやZINEなどの印刷物にフォーカスを当てた展示を開催します。リアルとバーチャルをつなぐ、新しいTABFにご期待ください。

EXHIBITIONS

リアル会場にて、アートブックの魅力を多角的に伝えるさまざまな展覧会を開催いたします。

 

2020 Solidarity Posters

 2020年春、未曾有の危機がアートシーンに大打撃を与える中、ヴォルフガング・ティルマンス が主宰する非営利団体Between Bridgesが、アート、音楽関係のインディペンデントスペースやイベント、出版などを支援するためのファンディングプロジェクト「2020Solidarity」を立ち上げました。ウィリアム・エグルストン、イサ・ゲンツケン、ニコール・アイゼンマン、ピーター・ヒュージャー、森山大道、ジリアン・ウェアリング、ジェフ・クーンズ、リュック・タイマンス、トーマス・ルフ、レイモンド・ペティボンら50名以上のアーティストがプロジェクトに賛同し、彼らが提供したアートワークを用いたポスターを作成。21カ国98の施設が参加してポスターを販売し、その収益はそれぞれの参加施設に支援金として寄付されました。本プロジェクトは2020年4月9日から8月10日まで実施され、日本からは、POST、ユトレヒト、twelvebooks、torch press、amala、 IACK、clinic、ダイトカイ、アサクサ、LVDB BOOKSが参加しています。
 TABFでは、2020Solidarityの全てのポスターを展示し、その一部を販売いたします。また、参加施設から集めたメッセージもご紹介する予定です。

 

Covid “Positive”

 アイデアをかたちにする瞬発力は、インディペンデント出版の強みです。彼らの視点は、私たちが目を背けたいと思うことに向き合うこともあれば、ネガティブに思われてた物事をポジティブに転換したり、日常の中で見過ごしてしまう些細なものに気づかせてくれたりします。世界中で新型コロナウイルス感染症が拡大する様子は、マスメディアを通して報道され、インターネットやソーシャルメディアを通して個人や小規模な団体からも発信されています。本展は、アートブックを通して、パンデミック以降の世界を考察する試みです。ロックダウンの日々を記録したZINE、ニューノーマルを模索する中で生活を楽しむためのプロジェクトをまとめたアートブック、エッセンシャルワーカーを被写体とした写真集など、世界各国から新型コロナウィルスに関連する書籍を集めて展示します。

 

ART BOOK VENDING MACHINE

 パンデミック以降、海外のアートブックやZINEを実際に手に取って見る機会が限られて来ています。TABFでは、2015年からひとつの国や地域の出版文化に焦点を当てる企画「Guest Country」を毎年開催してきましたが、今年はエリアを限定せず、さまざまな国の出版物を紹介いたします。東京都現代美術館に巨大なART BOOK VENDING MACHINE(ABVM/アートブック販売機)を設置し、海外のバーチャル会場出展者が2019年以降に刊行したアートブックやZINEを展示販売します。

 

Virtual Exhibitors’ Library

国内を拠点とするTABFのバーチャル会場出展者が、2019年以降に刊行したアートブックやZINEのサンプルを展示いたします。気に入った本やZINEを見つけたら、バーチャル会場にてお買い求めいただけます。

 

 


 

会場:

東京都現代美術館【リアル会場】

TABFウェブサイト【バーチャル会場】

 

会期:

2021年10月28日(木)〜31日(日)【リアル会場】
2021年10月22日(金)〜31日(日)【バーチャル会場】

 

入場料:

1,000円(税込)予定【リアル会場】

無料【バーチャル会場】

 

主催:

公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館

一般社団法人東京アートブックフェア