Gerhard Steidl

photograph by Koto Bolofo

Steidl Japanese Photobook Award

Steidl Book Award Japan

[Steidl Book Award Japan] 設立のご案内

 この秋、8回目を迎えるThe Tokyo Art Book Fairは、新たな試みとしてブックアワード[Steidl Book Award Japan] ※1 を設立します。

 世界最高峰のアート出版社と謳われるドイツのSteidl 社の協力のもと、日本を拠点に〈本〉という形式を使って作品を発表することに興味を持つすべての方を対象に、応募受付をしたダミーブックの中から同社の創業者ゲルハルト・シュタイデル氏が選ぶグランプリ受賞作品は、Steidl 社の書籍として出版され世界中で流通されることになります。

 また、出版に際しては、グランプリの受賞者はドイツのゲッティンゲンにある Steidl社に招待され、現地に滞在しながら、編集からデザイン、素材選び、造本、印刷に至るすべての本作りの工程をシュタイデル氏およびSteidl社のスタッフとともに行うことになります。

 

 これまでに4,000冊以上の本を手がけ、ロバート・フランクをはじめ、カール・ラガーフェルド、エド・ルシェ、ロバート・アダムスといった世界の名だたるアーティストやクリエイターたちが絶大なる信頼を寄せるSteidl社がパートナーとなり、本作りにおける大切な考え方や知識、技術、そして本の素晴らしい魅力と可能性を直に伝えてくれる貴重な機会となるでしょう。

 さらに、完成した本はSteidl社から世界中に流通されることにより、世界を舞台にした活動の後押しとなり得る大きな可能性も秘めています。

 経験や実績の有無にかかわらず、「世界一美しい本を作る男」と称されるゲルハルト・シュタイデル氏とともに本を作ることができるこの絶好の機会に、ぜひふるってご応募ください。

 

※1: 本アワードの応募対象をより開かれたものにするため、名称が[Steidl Japanese Photobook Award] から[Steidl Book Award Japan] へと変更になりました。

ブックアワード設立にあたって

 「ロバート・フランクも、若き日のダミーブック作りを通して、自らの創作活動の重要な位置に写真集作りを据えるようになりました。そのことを、私は今の若い人たちにも体験して欲しいのです。つまり、自分の手で本を作ることにより、本という形式がどれほど表現メディアとして可能性を持っているかを実感してもらうために、このアワードを創設します」 — ゲルハルト・シュタイデル

 

 本アワードは、Steidl 社による展覧会プロジェクト「Robert Frank: Books and Films, 1947-2016」(以下「ロバート・フランク展」)が 11月11日(金)〜24日(木)に東京藝術大学で開催されるのに合わせて実現しました。このプロジェクトは写真家ロバート・フランクの作品を、Steidl 社の印刷技術を使って世界50都市で展示してゆくもので、その作業を通してゲルハルト・シュタイデル氏がフランクの本に傾ける情熱と哲学に触れたことが、本アワード設立のきっかけとなりました。

Steidl社とゲルハルト・シュタイデル氏について

 Steidl社は、印刷から製本、出版までのすべての行程を社内で手がける世界で最も洗練された出版社のひとつです。出版人ゲルハルト・シュタイデル氏は、アートからファッション、文学など様々な分野におけるアーティストや著者に寄り添い、彼らが「魔法を生み出す」手助けをし、「アートとしての書籍」を読者の元へと届けてきました。

 紙や印刷への強いこだわりを持つシュタイデル氏自身が、紙や装丁用クロスの選定から編集、デザイン、印刷まで、制作におけるすべての行程に関わることで、それぞれの作品に合ったフォーマットを見出し、コンセプトを具体化した本を世に送り出しています。

 これまでに、ロバート・フランクからカール・ラガーフェルド、ロバート・アダムス、エド・ルシェ、ロニ・ホーン、ルイス・ボルツ、 ユルゲン・テラー、ジョエル・スタンフェルド、ブルース・デヴィッドソンなどの著名作家のほか、若手のアーティストや写真家たちの作品集を精力的に手がけています。

Steidl社ウェブサイト:https://steidl.de/

ゲルハルト・シュタイデル

1967年にデザイナー、出版人としてのキャリアをスタート。1968年、出身地であるドイツのゲッティンゲンでSteidl社を創設、美術展のポスターの印刷から着手し、ヨーゼフ・ボイスなどのアーティストが顧客に。1972年に初となる書籍を出版。以降、政治、ノンフィクションから、文学、厳選されたアートや写真の本へと活動を広げ続けています。
★ドキュメンタリー『世界一美しい本を作る男』 ウェブサイト:http://steidl-movie.com/

グランプリについて

グランプリの受賞者は、ドイツのゲッティンゲンにあるSteidl社に招待され、ゲルハルト氏との共同作業を通して本を制作し、Steidl社から正式に出版されることになります。なお、出版にかかるすべての制作費・印刷費はSteidl社が負担し、同社を訪問する際の渡航費はSteidl社によって全額補助され、 滞在期間中はSteidl社が提供するゲストルームに無料で宿泊が可能です。

グランプリ受賞作品の出版時期について

グランプリ受賞作品の書籍刊行は、2017年秋を予定しています。

NEWS

2016.11.05 Sat

  ゲルハルト氏による最終選考を終え、13作品のショートリストから、 8名のファイナリストが決定いたしました!   ファイナリストは、来週11/9に開催されるゲルハルト氏による対面レビューを行い、翌1 […]

2016.10.24 Mon

10月21日、22日の二日間、Steidl社のゲルハルト氏が来日し、Steidl Book Award Japanの選考会が開催されました。21日には、準候補作品となるロングリストが選ばれ、22日には候補作品となるショー […]

2016.10.13 Thu

  先月開催された The Tokyo Art Book Fair 2016 での特別展示も大盛況だったSTEIDL BOOK AWARD JAPAN。いよいよゲルハルト氏による審査が行われます。 10月21日(金),2 […]

2016.09.13 Tue

  8月末に応募作品がすべて揃った [Steidl Book Award Japan]。The Tokyo Art Book Fair 2016 の会場では、応募された作品から150点を並べる、特別展示を開催し […]

2016.08.03 Wed

デザイン・印刷・紙・加工の実践情報誌『デザインのひきだし』編集長・津田淳子さんは、THE TOKYO ART BOOK FAIRの印刷・製本のプロフェッショナルが集う「プリンターセクション」のキュレーターでもあるブックフ […]

ENTRY

ブックアワードの応募対象について

応募対象者

  • ・日本を拠点に活動してしている方はどなたでも応募可能です。アーティスト、写真家、ブックデザイ ナー、一般/学生、プロ/アマチュア、国籍などは一切問いません。
  • ・複数名のグループによる作品も応募が可能です。

 

応募対象作品

  • ・アートブックや写真集のダミーブック。
  • ・ペインティング、ドローイング、コラージュ、テキストなど、複数の表現を組み合わせた作品も応募対象となります。
  • ・これまでに、本として出版社から出版されていない作品のみが応募対象となります。自費出版の場合は、すでに発行されている作品でもお申し込みいただけます。
  • ・本アワードへの応募には、ダミーブックの提出が必要になります。

 

ダミーブックについて

  • ・ダミーブックとは、出版物の完成形をイメージするために、実際に編集/デザイン/製本した模型のこと。模型なので、製本は手作業でも良く、印刷も量産用のオフセット印刷である必要はありません。

アワードの選考方法と日程について

アワードの選考は以下の手順と日程で行われます。

 

  • ① 7月末参加申込締切、8月20日(土)作品受取締切を経て集まったダミーブックは、9月に行われるThe Tokyo Art Book Fairの会場内に展示され、広く来場者に公開されます。その中からシュタイデル氏自身が5冊のグランプリ候補を選出します。
  • ② 選出された5冊の作り手には、ロバート・フランク展の一般公開に先駆けて11月9日(水)に東京藝術大学で行われるシュタイデル氏のワークショップの中で、個別レビューを受ける機会が与えられます。グランプリ受賞作品は、翌10日(木)の同展オープニングの席でシュタイデル氏自身によって発表されます。
  • ③ グランプリの受賞者は、ドイツのゲッティンゲンにあるSteidl社に招待され、ゲルハルト氏との共同作業を通して本を制作し、Steidl社から正式に出版されることになります。

 

申込開始
2016年6月1日〜

 

応募締切
参加申込締切:2016年7月31日(日) 8月10日(水)
作品受取開始:2016年8月5日(金)
作品受取締切:2016年8月20日(土) 必着

※バイク便などでの受付は20:00まで。

 

選考スケジュール
9月16日(金)〜19日(月・祝):応募作品展示(The Tokyo Art Book Fair 会場)
10月上旬:グランプリ候補作品選考・発表

10月21日(金),22日(土):ゲルハルト氏によるグランプリ候補作品選考・発表

ゲルハルト氏のスケジュールの都合、日程が変更となりました。
11月9日(水):ゲルハルト氏による対面レビュー、グランプリ受賞作品選考
11月10日(木):グランプリ受賞作品発表(9、10日ともにロバート・フランク展会場)

 

イベントスケジュール
THE TOKYO ART BOOK FAIR 2016
会期:2016年9月16日(金)〜19日(月・祝)
会場:京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス 東京都港区北青山 1-7-15
詳細:http://tokyoartbookfair.com

 

Robert Frank:Books & Films 1947-2016
会期:2016年11月11日(金)〜24日(木)
ワークショップ(対面レビュー、グランプリ受賞作品選考): 11 月 9 日(水)
オープニング:11月10日(木)
会場: 東京藝術大学 陳列館、大浦食堂、講義棟内 東京都台東区上野公園 12-8

ブックアワードへの参加・応募方法

参加方法

《参加申込締切》
STEIDL BOOK AWARD JAPAN エントリーを締切いたしました。参加者の皆様は注意事項をよく読み、8/20(土)までに作品送付、必要事項のウェブアップロードを完了してください。たくさんのご応募ありがとうございました。

 

参加申込に別途必要となるもの

  • A. 参加費:3,000円(オンライン決済、または銀行振込)

 

  • ※参加費のお支払いに関しては申し込みフォームからの申込み完了後に送信するメールにてご案内いたします。
  • ※お一人で複数の作品応募も可能です。複数の応募の際には、応募作品それぞれに参加費3,000円がかかります。

 

応募作品送付

参加申込、参加費の支払いを完了後、応募作品を提出してください。

作品提出には以下のものが必要となります。

  • A. 実際に制作されたダミーブック1冊
  • B. 応募作品のPDF データ (5MB以内)
  •  ※下記フォームよりアップロード。
  • http://tokyoartbookfair.com/steidl-book-award-japan/pdfuploadform/
  • C. 作品の説明(400 字以内)と作品のタイトル(日本語)
  • D. 作者略歴(日本語)
  • E. 参加費支払いを証明する書類(Paypalの支払明細や振込明細のコピーなど)
  • F. ダミーブック返送先住所を記入した宅配便の着払伝票

 

  • ※グループでの応募の場合は、グループと各メンバーの略歴をご提出ください。
  • ※「作品の説明」と「作家略歴」は、ゲルハルト氏による選考前に、英語のご用意をお願いします。英語文章の用意が不可能な方のために、翻訳サポートをご用意する予定です。
  • ※ブックアワードの終了後ダミーブックは着払いにてご返送します。
  • ※返送用の着払伝票が添付されていなかった場合や、伝票に返送先住所が記入されていなかった場合、応募いただいたダミーブックは返送ができず、審査・展示終了後に処分されてしまいますのでご注意ください。

※PDFデータのメディア媒体での提出は受け付けておりません。

 

上記をそろえ、8月20日(土)  必着で以下の住所にお送りください。

※バイク便などでの受付は20:00まで。

 

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-20-13

VACANT内 [ Steidl Book Award Japan ] 係

TEL: 03-6459-2962 
※配送先回線の電話となります。お電話によるSBAJに関するご質問にはお答えできません。

※直接持ち込みでの提出は受け付けておりません。

グランプリ受賞作品の審査について

10月上旬に発表されるグランプリ候補作品の5冊の作り手は、11月9日(水)に開催されるゲルハルト氏による対面レビューを受けていただきます。

  • レビュー開催場所:東京藝術大学 〒110-8714 東京都台東区上野公園12−8
  • ※レビューの参加は必須です。欠席された際にはグランプリ候補作品から除外されます。
  • ※レビュー参加に際して発生する交通費や宿泊費などはご本人に負担いただきます。
  • ※複数名の作り手による作品の場合は、レビューに参加できる人数を制限させていただく場合がございます。

事前審査の実施について

  • ・応募作品が一定数を超えた場合、ゲルハルト氏によるグランプリ候補作品選出に先立ち事前選考を実施します。この事前選考は、日本国内に設ける選考委員会によって運営されます。
  • ・事前選考を実施した際は、The Tokyo Art Book Fair 会場で展示される作品は、事前選考を通過した作品のみとなります。
  • ・事前選考落選の通知は、応募作品の返送をもって替えさせていただきます。
  • ・選考結果に関する個別のお問い合わせは一切受け付けておりません。

その他注意事項

  • ・応募作品は、9月16日(金)から9月19日(月・祝)まで開催されるThe Tokyo Art Book Fair内で展示いたします。展示中は、来場者がダミーブックを手に取って閲覧します。
  • ・グランプリ候補作品に選ばれたダミーブックは、The Tokyo Art Book Fairまたは公共施設にアーカイブとして収蔵されるため、ダミーブックは返却されません。
  • ・The Tokyo Art Book Fairで開催される応募作品の展示は、2017年以降に日本国内を巡回する可能性があります。
  • ・参加申込の際にお支払いいただきました参加費については、申込者の都合による理由での返金はいたしません。
  • ・応募作品のサイズ、ページ数、重量に制限はありません。
  • ・作品の管理には最大限配慮いたしますが、輸送時、および展示期間における破損、汚れ、盗難等については責任を負いかねます。
  • ・応募作品の著作権は、応募者本人に帰属します。
  • ・グランプリ受賞作品の出版権については、Steidl社が所有するものとします。
  • ・法律や何らかの契約、また公序良俗に反した作品の応募は不可とします。
  • ・グランプリ候補作品は、The Tokyo Art Book Fair が運営するウェブサイト、及び SNS上にて作品名、作家名を発表いたします。
  • ・本リリースに掲載された情報の修正および追加は随時、The Tokyo Art Book Fairのウェブサイト、及びSNSにてアップデートしていきます。

 

【Q&Aページ】Steidl Book Award Japanに関するよくある質問と回答をまとめたページはこちらから。お問い合わせ頂く前に一度ご確認ください。

 

CONTACT