Profile

Raze Collectiveは、イベント、ワークショップ、アーティスト育成、新作の制作依頼を通じてクウィア(LGBTQIA+)のパフォーマーとパフォーマンスを支援するチャリティー団体です。

Website: https://www.razecollective.com/

 

Comments

2020Solidarityはパンデミック拡大直後に始まりました。このプロジェクトについて最初に知った時どう思いましたか?


ポスターの作者はもちろん、参加団体がサポートしている人々を含む幅広いアーティストを支援することができる非常に革新的な方法だと思いました。募金以外の資金調達に焦点を合わせることによって、このプロジェクトは本当に必要な時に資金を作り出す力を私たちに与えてくれました。今最も支援を必要としているのは、社会的弱者や差別の対象となっているコミュニティの支援という大切な仕事をしている団体ですが、世界中からこのような団体を集めたこのプロジェクトへの参加はとても有意義でした。

 

あなたの団体はパンデミックによりどんな影響を受けましたか。


私たちはバー、クラブ、劇場といった華やかな舞台で主に活躍する新進~中堅のクウィアのパフォーマーを支援しています。世界各国でロックダウンが実施され、私たちのアーティストの多くは一夜にして収入のほとんどを失いました。多くの人が非常に不安定な生活を余儀なくされ、家賃や食費を支払にさえ苦労するようになりました。支援団体としてアーティストへの制作依頼や支援を続けていくため、私たちは利用できる全ての緊急支援金を申請し、この状況でも皆さんにライブを楽しんでもらえるようにコンテンツの多くをオンラインに移行しました。

 

2020Solidarityへの参加で得たことを教えてください(具体的でなくても構いません。プロジェクトに参加したことへの印象を聞かせてください)


私たちが喉から手が出るほど必要としていた制約なしの資金を提供してくれた2020Solidarityのおかげで、クウィアのパフォーマーたちへの緊急支援金の一部を賄うことができました。パンデミックの初期に頂いた大切な緊急支援金は、家賃や光熱費、食費を支払えるように、最も困窮しているパフォーマーに分配しました。またこのお金は、私たちが以前から行っているアーティストへの新作の制作依頼にも役立ちました。より広い視点から振り返ると、プロジェクト参加に適している団体というお墨付きをもらい、私たちのことを知らなかった人達にリーチするための資金を増やすことができたので、参加して本当に良かったと思います。

 

ヴォルフガング・ティルマンス氏とBetween Bridgesにメッセージをどうぞ。


参加団体として認めていただき、どうもありがとうございました!スタッフ一同、および私たちの支援を受けたアーティストは、クウィアによる優れた芸術を生み出し続けることでパンデミックの恐怖を乗り越える活動を支えてくれたこのプロジェクトに深く感謝しています。

 

 

Profile

Raze Collective is a charity that supports queer (LGBTQIA+) performers and performance through events, workshops, artist development and commissioning new work.

Website: https://www.razecollective.com/

 

Comments

The project 2020Solidarity was launched soon after the spread of the pandemic.

What was your first impression when you learned about the project?


We thought it was a very innovative way to support a range of artists, including both those who made the posters and the people the chosen beneficiary organisations were supporting. It gave a focus for fundraising aside from asking for cash donations, which increased our fundraising capacity at a really crucial time. It was also great to be part of a project that brought together so many international organisations doing essential work to support vulnerable and marginalised communities, who were most in need of support.

 

How did the pandemic impact your organization?


We support early and mid-stage queer performers who frequently work in highlight venues including bars, pubs, clubs and theatres. With the lockdown measures imposed in countries across the world, many of our artists lost significant amounts of their income overnight. This placed people into extremely precarious living situations, with many struggling to pay their rent or buy food. As a Collective, we applied for all the emergency funding available to be able to continue to commission work and support artists, and we moved a lot of our content online so our audience could still attend live shows.

 

What did your organization gain by participating in 2020Solidarity?

(doesn’t have to be specific results; you may talk about your impressions of having participated in the project)


2020Solidarity provided us with much needed, unrestricuted funding that contributed to our emergency fund for queer performers. This provided some essential emergency funding at the start of the pandemic for us to distribute to performers most in need, so they could pay their rent, bills and buy food. It also supported our on-going work in commissioning new work. More broadly, it was very rewarding to have been identified as a suitable organisation to participate in the project and increased our funding reach to people who had not heard of us before.

 

A message to Between Bridges and Wolfgang Tillmans.


Thank you so much for identifying us as a participating organisation! Our staff and the artists we have been able to support are extremely grateful to the project for helping us get through the horrors of the pandemic to continue to create excellent queer art.