Profile

ドイツのオンラインLGBTメディアSpecial Media SDLのCEO、マヌエラ・ケイ(Manuela Kay)です。クウィア雑誌「SIEGESSÄULE」や「L-MAG」を出版しています。

Website: www.254forest.be

 

Comments

2020Solidarityはパンデミック拡大直後に始まりました。このプロジェクトについて最初に知った時どう思いましたか?


ヴォルフガング・ティルマンス氏と会って、私たちの雑誌の資金集めのキャンペーンを支援してほしいと頼んだところ、このプロジェクトを私たちのために立ち上げてくれました。当初は「SIEGESSÄULE」の資金調達キャンペーンだけに関わるプロジェクトでしたが、そこから広がって他のプロジェクトや活動も支援するようになったのです。

 

あなたの団体はパンデミックによりどんな影響を受けましたか。


私たちは大多数の広告主を失い、ロックダウン中にはベルリンにある私たちの雑誌を扱う販売店の多くが数週間にわたって休業を余儀なくされました。文化系イベントや小売店の広告料だけで運営しているので、「SIEGESSÄULE」を続けていくことが難しくなっていきました。

 

2020Solidarityへの参加で得たことを教えてください(具体的でなくても構いません。プロジェクトに参加したことへの印象を聞かせてください)


とても大きな連帯感と、困難な状況にも負けずに頑張るためのモチベーション。いただいた支援金は、パンデミック関連の危機を乗り越えるのに役立ちました。

 

ヴォルフガング・ティルマンス氏とBetween Bridgesにメッセージをどうぞ。


私たちを救っていただいたこと、どんなに感謝しても感謝しきれません!

 

 

Profile

Manuela Kay, CEO of Special Media SDL publishing. Publishing house of the queer magazines SIEGESSÄULE and L-MAG.

Website: www.254forest.be

 

Comments

The project 2020Solidarity was launched soon after the spread of the pandemic.

What was your first impression when you learned about the project?


We met with Wolfgang Tillmans and he basically created the project for us initially when we asked him to support our fundraising campaign. It was first only connected to the SIEGESSÄULE-fundraising campaign but then spread wider in order to support other projects and activities.

 

How did the pandemic impact your organization?


We lost the biggest part of our advertisement customers and during lockdown the most of our distribution outlets in Berlin had to be closed for several weeks. So our magazine SIEGESSÄULE, which is entirely financed through ads from cultural events, retail stores etc, was struggling to survive.

 

What did your organization gain by participating in 2020Solidarity?

(doesn’t have to be specific results; you may talk about your impressions of having participated in the project)


Huge solidarity and the motivation to keep hanging on in there. Also an amount of money through donations that helped us survive the pandemic related crisis.

 

A message to Between Bridges and Wolfgang Tillmans.


We cannot thank you enough for saving us!