TABFでは、2015年からひとつの国や地域の出版文化に焦点を当てる企画「Guest Country」を毎年開催してきましたが、パンデミックの影響で海外のアートブックやZINEを実際に手に取る機会が少なくなっている今年は、エリアを限定せず、世界各国の出版物を一堂に集めます。オフライン会場(東京都現代美術館)に巨大なART BOOK VENDING MACHINE(アートブック販売機)を設置し、海外を拠点とするオンライン会場出展者が、2019年以降に刊行したアートブックやZINEを展示販売します。