配信日時:11月23日(月・祝)17:00 – 18:30

URL:https://youtu.be/zPHToFgB8Ek

登壇者清水陽子(MOTアニュアル2020展 参加作家)

ナビゲーター:小高日香理(東京都現代美術館 MOTアニュアル2020展 担当学芸員)

 

清水陽子(MOTアニュアル2020展 参加作家) オンライントーク 

自然、生命、宇宙のメカニズムをテーマに、科学と芸術を融合するテクノロジーやインスタレーションを手掛ける清水陽子。VIRTUAL ART BOOK FAIR(VABF)会期中、開催の企画展「MOTアニュアル2020 透明な力たち」で展示されている作品を中心に、これまでのプロジェクトを紹介します。また、作家が関心のある書籍についてもご紹介いたします。

 

*無料で視聴いただけます。

*インターネット回線の状況やサーバー負荷、その他視聴者のPC環境により、映像が途切れる、または停止するなど正常に視聴できない事がございます。

*配信終了後もTOKYO ART BOOK FAIRのyoutubeチャンネルで動画を視聴いただけます。

 

 

【プロフィール】

清水陽子(1977-)は、自然、生命、宇宙のメカニズムをテーマに、微生物、細胞、DNA、有機物などのミクロの世界をはじめ、植物、自然、地球全体におけるマクロの現象まで、その美しさを可視化する作品を制作している。代表作に、微生物がコロニーを形成し、カラフルな培地で美しく成長・繁栄・衰退を繰り返す《Cycles of Life》、光合成によって葉に高解像度のグラフィックプリントを行う《Photosynthegraph》など。

近年の主な個展に「Biodesign Lab Exhibition」(NARS Foundation、ニューヨーク、2019年)、「Layers of Life」(LAD GALLERY、2017年)、「The Clean Room」(LAD GALLERY、2015年)、グループ展に「India Design ID」(ニューデリー市、インド、2019年)、「Link of Life」(資生堂ギャラリー、2017年)、「アルスエレクトロニカ・フェスティバル」(リンツ市、オーストリア、2016年)。2020年よりアルスエレクトロニカ・フューチャーラボのアーティスト/リサーチャーとしてオーストリアのリンツ市で活動する。